about

当院について

当院について

Message患者様の笑顔を取り戻す
あきらめないがん治療

患者様の笑顔を取り戻すあきらめないがん治療

最新の統計では、日本人の2人に1人が生涯の内にがんに罹ることが予測されています。即ち、がんは特別な病ではなく誰でもががんになる可能性があるのです。健康保険が適用される標準治療では手術、放射線、抗がん剤治療を受けることが出来ますが、がんは早期に発見され早期に除去されない限り根治が難しいのが実情です。最新の手術法、放射線、分子標的薬などによりがんの治療方法は増えていますが、後遺症、副作用、薬に対する耐性などの問題は解決されていません。

当院で行っているがん治療は、がんの発生原因に基づく治療法であり、どのようながん、ステージの患者様でも効果を期待することが出来ます。私は「標準治療はもうありません」と退院を強いられたようながん患者様であっても何とかお助けすることが出来ないものかとの思いから名古屋がん中央クリニックを開院しました。当院で行っている治療えを通じて、がん治療やその他がんの抑制効果が期待できるがん治療により、1人でも多くの患者様に笑顔を取り戻して頂きたいと思っています。

患者様の笑顔を取り戻す
あきらめないがん治療

全身治療 × 局所治療の提案様々ながんに対応した
先端医療の提案

様々ながんに対応した先端医療の提案

一口にがんと言っても、がんが出来た組織・器官、転移・再発、これまでの治療歴など、患者様によってがんの状態は千差万別です。名古屋がん中央クリニックでは、治療を始める前に、がんの種類、これまでの診断、治療、患者様の状態に関するカウンセリングを行い、その患者様に最も適切と考えられる治療を行います。

様々ながんに対応した先端医療の提案
  • 個別化医療

    遺伝情報に基づいたあなたのがんに
    合った治療方法

    プレシジョン・メディシンやゲノム医療という言葉を聞いたことがあると思います。がん治療は世界的に遺伝子の情報に基づいたものに変化してきています。当クリニックでは遺伝子検査や統計学的な遺伝子情報に基づいて患者様ごとの治療方法の提案をいたします。

  • 集学的治療

    全身治療 × 局所治療の提案

    一般的には局所治療は効果が目に見える形で出ることが多いのですが、マイクロ転移という画像に映らないがんに対しては効果がありません。なので、再発が常に懸念事項として付きまとってきます。逆に全身治療は効果が目に見えて出るとは限りませんが、全身に行うことでマイクロ転移などには効果的です。その二つを組み合わせることでお互いの弱点を補うことが出来ます。

  • ノーベル賞受賞した技術
    を使った治療方法

    エビデンスに基づいた治療方法の選択

    次世代医薬と言われている核酸医薬の中でもクレイグ・メロー博士とアンドリュー・ファイアー博士が2006年にノーベル賞を受賞したRNAi治療薬は今後がんに限らず生物学や医薬品の開発で最も期待され、急速に発展していっている薬になります。従来の核酸医薬よりも量が1/10で済むことやターゲットとなる遺伝子に対する特異性が極めて高いことが特徴となります。

QOL(生活の質)を保った状態で治療が受けられる副作用の少ない治療法

全身治療 × 局所治療の提案QOL(生活の質)を保った状
態で治療が受けられる副作
用の少ない治療法

QOL(生活の質)を保った状態で治療が受けられる副作用の少ない治療法

がん治療において、がんが小さくなったけれども寿命が縮まったというのはよくある話です。副作用が少ないものを中心にがん治療を患者様ごとに提案することでQOL(生活の質)を保った状態で治療を受けることが出来ます。

  • 副作用がほとんどない

    体への負担が少ない

    がん抑制遺伝子や核酸医薬によるがん治療は、本来正常に機能すべきがん抑制遺伝子を正常に機能させたり、異常に機能が高まったがん遺伝子の発現を抑制したりするものです。どちらの方法もがん細胞における遺伝子の機能を正常に戻す治療法であり、正常細胞に影響はありません。従って、細胞障害性の抗がん剤による正常細胞の障害による様々な副作用などはないのです。

  • 通院で受けられる

    1度の点滴は2時間程度

    がん抑制遺伝子や核酸医薬によるがん治療は点滴により行いますが、1度の点滴にかかる時間は1時間半から2時間程度です。多くの患者様は週1回のペースで受けられていますが、患者様のご都合の良い日にちにお気楽に通院により点滴治療を受けて頂くことが可能です。

  • 様々ながん、
    ステージに対応します

    どのようながん、末期がんでも治療可能です

    がん抑制遺伝子や核酸医薬によるがん治療は、がんが生ずる仕組みに基づいた治療法であり、どのようながん、末期がんでも治療効果が期待出来ます。治療効果には、がんの増大や転移を防ぐことも含まれますが、現状を維持することが出来れば末期がんであっても延命を期待することが出来るのです。