treatment02

核酸医薬

DNAやRNAといった遺伝子情報を司る「核酸」を基本骨格としたものが「核酸医薬」です。
近年、急速にがん治療への実用化が進んでおり、次世代医薬品としても注目を浴びています。人工的に作ったmRNAを体内に投入し、がんの元であるがん遺伝子に直接作用する事で、治療が困難とされてきた病気でも治療が可能になると期待されています。
高い治療効果のみだけではなく、攻撃する標的が定まっている事から正常細胞への影響が少な副作用がとても少ないのも特徴です。

核酸医薬×がん治療6つ特徴

  • 体への負担が少なく年齢問わず治療可能である。
  • 点滴、通院(日帰り)治療のため普段の生活を保ったまま治療可能。
  • 核酸医薬の特性を活かし、がんの原因となるタンパク質のみを標的とする。
  • 標準治療(手術・放射線・手術)と併用して治療可能である。
  • これまで治療が難しいとされていたがんに対する効果も期待されておりがん種、転移、再発、ステージ問わず治療可能である。
  • がんの無限増殖を抑え込み、がんの縮小、がんの進行停止が期待できる。

世界で承認されている核酸医薬

新型コロナウイルスにも使われているmRNA(リボ核酸)も核酸医薬の1つです。
新型コロナウイルスのワクチンにも使用されていることで脚光を浴びている核酸医薬ですが世界では様々な治療薬としても承認されています。

米国America

一般名 分類 承認年 適応
Vitravene アンチセンス 1998 CMV性網膜炎(AIDS患者)
Macugen アプタマー 2004 滲出型
加齢黄斑変性症
Kynamro アンチセンス 2013 ホモ接合型家族性
高コレステロール血症
Exondys 51 アンチセンス 2016 デュシェンヌ型
筋ジストロフィー
Spinraza アンチセンス 2016 脊髄性筋萎縮症
HEPLISAV-B CpGオリゴ 2017 B型肝炎(予防)
Tegsedi アンチセンス 2018 遺伝性ATTR
アミロイドーシス
Onpattro siRNA 2018 遺伝性ATTR
アミロイドーシス
Givlaari siRNA 2019 急性肝性
ポルフィリン症
Vyondys 53 siRNA 2019 デュシェンヌ型
筋ジストロフィー
Viltepso アンチセンス 2020 デュシェンヌ型
筋ジストロフィー
Oxlumo siRNA 2020 原発性
高シュウ酸尿症Ⅰ型
Leqvio siRNA 2021 高コレステロール血症
混合型脂質異常症
Amondys 45 アンチセンス 2021 デュシェンヌ型
筋ジストロフィー

欧州Europe

一般名 分類 承認年 適応
Vitravene アンチセンス 1999 CMV性網膜炎(AIDS患者)
Macugen アプタマー 2006 滲出型
加齢黄斑変性症
Spinraza アンチセンス 2017 脊髄性筋萎縮症
Tegsedi アンチセンス 2018 遺伝性ATTR
アミロイドーシス
Onpattro CpGオリゴ 2018 遺伝性ATTR
アミロイドーシス
HEPLISAV-B アンチセンス 2019 B型肝炎(予防)
Waylivra アンチセンス 2019 家族性
高カイロミクロン血症
Givlaari siRNA 2020 急性肝性
ポルフィリン症
Oxlumo siRNA 2020 原発性
高シュウ酸尿症Ⅰ型
Leqvio siRNA 2021 高コレステロール血症
混合型脂質異常症

日本Japan

一般名 分類 承認年 適応
Macugen アプタマー 2008 滲出型
加齢黄斑変性症
Spinraza アンチセンス 2017 脊髄性筋萎縮症
Onpattro siRNA 2019 遺伝性ATTR
アミロイドーシス
Viltepso アンチセンス 2020 デュシェンヌ型
筋ジストロフィー
Givlaari siRNA 2021 急性肝性
ポルフィリン症
核酸医薬

ノーベル賞を受賞した技術を使った核酸医薬

核酸医薬は、ノーベル賞を受賞したRNA干渉法という技術を用いて、特定の遺伝子の発現を抑制する方法です。

RNA干渉(RNAi)はクレイグ ・メロー博士とアンドリュー・ファイアー博士により発見。その功績は科学的に重要、画期的な発見である事が認められて2006年にノーベル賞(生理学・医学賞)を受賞しました。

がん細胞は、がん遺伝子の増幅や過剰発現ががん細胞の無秩序な増殖を促進していることがあります。そこで、増幅したり過剰発現したりしているがん遺伝子から転写されるRNAの発現を、核酸医薬を用いて抑制します。その結果、がん細胞の無秩序な増殖を抑えることが出来るのです。

がんの特徴に合わせて6つの核酸医薬ががん細胞を阻害します。

がん細胞を阻害します。 がん細胞を阻害します。
  • CDC6 sh RNA異常ながん細胞の増殖、細胞分裂を抑える

    DNAの複製や細胞周期を調節することによりがんの発生・進展に関わる。
    様々ながんで高発現している。

  • P28 sh RNAがん抑制遺伝子を阻害する阻害物質を抑える

    がん抑制遺伝子産物であるp53やp16の働きを阻害することによりがんの発生・進展に関わる。様々ながんで高発現している。

  • MDM2 sh RNAがん抑制遺伝子を阻害する阻害物質を抑える

    がん抑制遺伝子であるp53遺伝子の発現やp53タンパク質の働きを阻害することによりがんの発生・進展に関わる。様々ながんで高発現している。

  • SDK4 sh RNAがん抑制遺伝子を阻害する阻害物質を抑える

    がん抑制遺伝子であるp16により制御され、細胞周期を進行させることによりがんの形成に関わる。

  • IL6 sh RNA炎症の抑制、阻害物質を抑える

    代表的な炎症性サイトカインであり、細胞増殖、アポトーシス抵抗性、血管新生、免疫に関わることによりがんの発生や転移を促進する。

  • KRAS sh RNAがん化の促進を抑える

    EGFRからの細胞増殖シグナルを核に伝える働きがあるが、多くのがんでこの働きを活性化する変異が見られ、細胞のがん化の促進に重要であると考えられている。

核酸医薬を使った治療について

治療可能なステージ・再発・転移

  • ステージⅠ
  • ステージⅠⅠ
  • ステージⅠⅠⅠ
  • ステージⅠV
  • 再発がん
  • 転移がん
  • がん予防

治療可能ながん種

  • 脳腫瘍
  • 大腸がん
  • 膵臓がん
  • 乳がん
  • 肺がん
  • 胃がん
  • 肝臓がん
  • 食道がん
  • 子宮体がん
  • 胆管がん
  • 咽頭がん
  • 胆のうがん
  • 子宮頸がん
  • 卵巣がん
  • 膀胱がん
  • 前立腺がん
  • 腎臓がん
  • 舌がん
  • 胸腺腫がん
  • 卵管がん
  • 小腸がん
  • 腹膜癌がん
  • 十二指腸がん
  • 腎盂がん
  • 腺様嚢胞がん
  • 顎下腺がん
  • 尿管がん
  • 甲状腺がん
  • 虫垂がん
  • 神経内分泌がん
  • 歯肉がん
  • 口腔がん
  • GIST
  • 中皮腫
  • 子宮肉腫
  • 乳房外パジェット
  • 悪性黒色腫
  • 平滑筋肉腫
  • 原発不明

※血液がん( 白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫)、脳腫瘍の症状は治療が受けられない可能性があります。
治療可能かどうか事前にご相談下さい(無料電話相談:0120-752-712)

  • 治療概要

    当クリニックでは遺伝子検査や統計学的な遺伝子情報に基づいて患者様ごとに使用する核酸医薬の種類を決定。インフォームド・コンセントにてご説明後、同意書にご記入いただいた上で治療を開始します。

  • 治療方法

    点滴投与による、通院治療。2クールの合計11回の通院治療を基本としています。※患者様の状態によりクール数、通院数が異なる場合が御座います。治療中はご家族様も同伴いただく事も可能です。

  • 所要時間

    初回のみ2時間~3時間。2回目以降は1時間~2時間。
    治療中(点滴中)は読書や同伴の方とお話いただけます。

  • 副作用

    主なリスクや副作用として、治療タンパクによるアレルギー反応やアナフィラキシーショックが極稀(0.3%)に起こることがありますが、事前にアレルギー反応テストを行ない安全を確保した上で治療を開始します。
    その他に、がん細胞への到達率を高めるための高分子ミセル化による副作用として、頭痛や発熱が起こる可能性があり(15%)、痛み止めや解熱鎮痛剤を服用することで症状を抑えています。

  • 料金

    がん抑制遺伝子+核酸医療(40単位):1,980,000円(税込)
    がん抑制遺伝子+核酸医療(80単位):2,970,000円(税込)
    ※核酸医薬を使用した治療はがん抑制遺伝子と組み合わせておこないます。がん抑制遺伝子の詳細もご覧下さい。

医療のグローバル化を目指して。

がん医療の新たな選択肢を生み出す。

患者様一人ひとりに合った医療提供を実現させるために
世界の新しい医療を取り入れるよう努めています。

全身治療×局所治療治療一覧

名古屋がん中央クリニックでは「核酸医薬」の他にも以下の治療法を提供しています。

  • コロイドヨード療法

    コロイドヨード療法

    元素であるヨード(ヨウ素)を水素と結合させコロイド化する事により、ヨードが持つ毒性をなくし、細胞が利用できるようにしたものです。 コロイドとはイオンや分子よりも大きい粒子が気体、液体、固体中に分散している状態のことで、いろいろな物質は身体内でコロイド状態で細胞に供給されます。

    詳細を見る
  • がん抑制遺伝子

    がん抑制遺伝子

    がん抑制遺伝子とはがんの発生などを抑制するタンパク質を作る情報を持つ遺伝子になります。がん抑制遺伝子が存在するとがんの成長などを抑制するタンパク質をたくさん作ってがんを抑制することが期待出来るのですが、がんになるとこの遺伝子が欠損することが多く、がんを抑えるタンパク質が作られることが期待出来ません。欠損しているがん抑制遺伝子を外から導入することで生物が本来持つがんを抑制する機能を取り戻すことを目的とします。点滴による治療方法になります。

    詳細を見る
  • 光免疫療法

    光免疫療法

    がん細胞を光で狙い撃つ。「第5のがん治療」と期待される先端医療。光の照射(レーザー光線)によって局所的ながん細胞の破壊。がん細胞に対する免疫を活性化させ全身の転移巣にも治療効果を与える治療法です。がん光免疫療法は、光線力学的療法(PDT)の一種で、90年代より一部のがんについては保険承認されており、世界各国で研究が進む最先端の治療法です。

    詳細を見る

お電話でもご相談・お問い合わせいただけます。

0120-752-712

受付時間:平日10時~19時

名古屋がん中央クリニック

〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3-30-60 OSU301 4階

                                               
時間
診療 診察10:00 - 19:00
予約・電話相談 予約・電話相談10:00 - 19:00

安心と笑顔のために。
可能性を追求するがん治療

名古屋がん中央クリニックは患者様の
未来と健康の実現を目指します。